これから日本が目標としていくべき国はどこか。ここでは世界の主要としや地域からデータを照らし合わせ、まずは分析していく事が必要でしょう。各国や地域に具体的に、どのように働きかけていくのか、分析結果と共に考えて行きましょう。まず、すでにご存知でしょう、現在のインバウンドを取り巻く状況は著しい変化を遂げ、もはやアジアの新興国での変化は、月単位だという状況でしょう。それゆえ、常に目標とする国や地域の今を捉える事が不可欠でしょう。つまり、定期的な訪問などで、各国の人を集める中心となるものを肌感覚でっかむことが必要と言えるのではないでしょうかだ。近年ではネットの普及もあり、最悪現地に赴かずとも、他国や施設の情報収集もできるため、それを活用し、分析できる時代でもあります。そのシステムにすら乗り遅れてしまうならば、瞬く間ににインバウンドの主流からは大きく遠ざかってしまうでしょう。トピックスはもちろん、徹底的な細部のリサーチ、例えば、各国の人々の流動する主なシーズンや、その目的についても分析しておく必要があるでしょう。最大のポイントとしては「子どもの休み」ではないでしょうか。主に旅行の計画を立てるのは大人です、しかし、どの国でも必ず「子どもの休み」に旅行のスケジュールを決めるはずです。つまり、その期間に旅行に行きたいと思わせる提案を掲げる事が必要なのではないでしょうか。また、国や地域を考える時に見落としがちな点は「時差」でしょう。ネットの活用ができていても、その点を忘れていては、情報発信の時間によっては非効率的であると言えるでしょう。チャンスロスの見直しも、これからのインバウンドには必要不可欠と言えるでしょう。

FOR MORE INFORMATION:インバウンド集客やプロモーションなら成功事例多数のグローバル・デイリー