10 Aug重要性が増すBtoCのプロモーションについて

近年、訪日外国人旅行者の中でも、旅行会社の個人旅行用の商品を利用知る人や、旅行会社自体を利用せずに個人で交通手段や宿泊施設等の手配をし旅行を行う人の割合が高まっているため、送客市場の現地の個人に対して魅力を伝えるBtoCの取り組みの重要度は特に増しているそうです。

しかしながら、同時に多数の個人に訴える効果的且つ万能な手段はないため、多くの手段を併用しながら実施しているそうです。

送客市場の大部分を占める中国を例に見てみると、旅行会社の団体パッケージツアーと旅行会社の個人向け旅行と完全に個人手配の旅行の合わせた割合は大体半々の割合になっているそうです。

これは都市部における個人所得の増加や、日本政府によるビザの発給条件の緩和政策が個人旅行の割合が増えている大きな要因になっているとのことです。

また、個人旅行客に関しては政治的な情勢にあまり左右されることがなかったそうで、この市場に関しては個人旅行客が非常に大きな基盤となる層になるとのことです。

こういった個人旅行客に対するプロモーションの中でも効果が高いとされているのが、SNSを含めた口コミで魅力を訴えていくことだというデータが出ているそうです。

また、世界的なイベントが日本で開催される際には、政府主導で世界中の主要メディアにて日本の特に地方部の魅力を紹介するテレビCMの放送をしたり、検索サイトなどとの連携によってインターネット上で日本の魅力を紹介する動画を制作し配信したり、ディスプレイ広告に誘導する仕組みを実施し、想定以上の効果が得られたとのことです。

また、地方チ事態においては、影響力の大きいブロガーなどの著名人を招きSNS等によってフォロワーに魅力を拡散してもらうという動きもあったとのことです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *