19 Aug交通施設の総合的な整備について

島国である日本への入国は空路か海路に限定されます。
旅行者は自分にとって望ましい時間帯での移動を好むため単純に便の数だけでなく発着時間も含めた空路と海路の容量の拡大が必要です。

訪日外国人旅行者の約4割が利用している首都圏の空港では、空港の機能強化として飛行経路の見直しを行って国際便の増便を可能とたり着陸機が滑走路上に留まっている時間を短縮するために高速離脱誘導路が整備されているとのことです。

また新たな滑走路の整備や夜間飛行制限の緩和なども進めていくこととなっているそうです。

また、首都圏以外の主要空港においても国際拠点空港としての整備が進められていくとのことです。

また、民間企業等による空港の改革も推進がされているそうです。民間企業への経営委託をすることで、着陸料などの柔軟な設定などを通じた航空ネットワークの充実が期待されているとのことです。

海路においても、日本へクルーズ船で入国した外国人旅行者は年々大幅な増加をみせているそうです。これはアジア諸国のクルーズ需要が高まっており世界のクルーズ船の会社や旅客船事業社が中国への船を増やしていることが背景にあるそうです。

政府は今後も大型クルーズ船での入国者数の増加を目標としていますが、大型のクルーズ船が寄港できる港が限られていることや中国からのクルーズ旅程の都合で西日本の港へ集中しており寄港を断らなければいけない状況が発生しているようです。

また、一度に大量の外国人の入国があるため、簡易な手続きで入国が認められる制度も実施されています。

近年では大型のクルーズ船が増えていて、東京湾の橋をくぐれないクルーズ船が多く、東京都では世界最大級の大型クルーズ船にも対応できるふ頭を整備することになっているそうです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *