27 Aug反省を活かした取り組み

第一期の反省を踏まえ、目標設定をされたとされる、第二期の観光立国推進の基本計画は、東日本大震災による地域被害の復興を重要視した内容が設定されたと言われているようです。計画期間は約4年間と設定され、内容は「震災からの復興」「国民経済の発展」また「国際的な相互理解の促進」そして「国民生活の安定と向上」といった大きく4つの方針が掲げられたとされています。数値目標の項目は、第一期よりも増え、また、参考指標が設定されたのも第二期からとされているようです。国内における旅行の消費額は、計画期間内は横ばい状況だったとされていますが、その一方で、日本を訪れる外国人の旅行者数は大きく伸びをみせたとされているようです。計画初年度の目標をも大幅に上回る数値となり、このため、計画の最終年を待たずして新たな政策目標を設定する必要となるほどだったとされています。また、その一方で、外国人を受入れる環境の整備はもちろん、計画内容以外の事柄にも対応が必要となってきたとされています。そこで政府は、総理大臣を議長とする、観光ビジョンの構想会議を設置し、新たな目標を設定するとともに、インバウンドの観光振興に必要な対応の検討を行ったとされています。この会議は、 観光振興が地方創生の切り札であるとされていることや、国内総生産の設定目標達成への戦略の中心であることが注目され、観光産業を日本の産業の軸として成長させ、観光先進国となるような挑戦に国を挙げて取り組む覚悟が必要であるとしたとされているようです。観光先進国を目指すために、高品質の観光交流を加速させるための新たな目標を設定したと言えるのではないでしょうか。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *